1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)7

Pocket

第7号 このかおり、このかおり(HP移転のため、再投稿です)

今日は暑くて食欲がないな。
と、夏でもないのにこんな言葉が出るくらい、
10月の広島も、暑い一日となりました。

食欲がないときは、カレーライスが食べたくなる。
スパイスのかおりが、やる気のないおなかを動かして、
闘争意欲、食欲を上げてくれます。

そんなこんなで、夕ごはんのメニューを決める特権があるわたしは、
カレーを多用しまくってしまったこの数カ月。
カレーのかおりをキッチンから察知したこどもたちは、
また~?と、まだ何も夕ごはんのメニューには触れていないのに、苦情殺到です。
(とはいえ、いざいただきますとなると、おいしいって食べてくれますが。)

健康になるには、まずは食欲から!
そのスイッチを入れてくれるかおりは、本当にすごいですね。
ごはんのおいしいかおりがしてきただけで、
おなかが無条件に反応します。

道端でもおいしいお好み焼きのかおりや、
肉じゃがのかおりや、
あまいパンを焼いているかおりがしてくると、
ふと立ち止まってしまいます。

日常の中で、かおりに遭遇する、
そのかおりを記憶していく、それも成長のひとつですね。

小さいときからこのかおり、このかおり、
これはこんなにおいしいもののかおりと、
脳が覚えていると、自然と唾液が出てきます。
ちいさなことかもしれないけれど、かおりのくりかえしが、
人間の本能に結び付くと自然とうまく体をコントロールしてくれているようです。