1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)8

第8号 豊作だ! (HP移転のため、再投稿です)

植物を育てるのが苦手だと思っていましたが、
少し心に余裕ができてきたのか、それとも物理的に時間が少しできたのか、
案外最近は植物たちが育ってくれているうちのベランダ菜園です。

春から植え始めた葉の小さいバジルさんが、
こんもりとしていたので、さて何に変身させようか迷ったところ、
緑鮮やかなジェノベーゼが頭に浮かんできました。

ミキサーに摘み取った大量のバジルたちを投入、
オリーブオイルとパルメザンチーズも投入。
勢いよく混ぜ合わせたら、きれいな緑色の、
バジルのかおりたっぷりのジェノベーゼソースができあがりました。
さあ、めしあがれ。

とれたてのバジルでつくったソースは、本当に強くてフレッシュなかおりです。
おためしあれです。
バジルも精油があるのかな?と調べたところありました!

バジル 学名:Ocimum basilicum
こころには、疲労感や落ち込みを軽減、集中力をあげる、など。
からだには、気管支系やストレスなどの不調にいい、など。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)7

第7号 このかおり、このかおり(HP移転のため、再投稿です)

今日は暑くて食欲がないな。
と、夏でもないのにこんな言葉が出るくらい、
10月の広島も、暑い一日となりました。

食欲がないときは、カレーライスが食べたくなる。
スパイスのかおりが、やる気のないおなかを動かして、
闘争意欲、食欲を上げてくれます。

そんなこんなで、夕ごはんのメニューを決める特権があるわたしは、
カレーを多用しまくってしまったこの数カ月。
カレーのかおりをキッチンから察知したこどもたちは、
また~?と、まだ何も夕ごはんのメニューには触れていないのに、苦情殺到です。
(とはいえ、いざいただきますとなると、おいしいって食べてくれますが。)

健康になるには、まずは食欲から!
そのスイッチを入れてくれるかおりは、本当にすごいですね。
ごはんのおいしいかおりがしてきただけで、
おなかが無条件に反応します。

道端でもおいしいお好み焼きのかおりや、
肉じゃがのかおりや、
あまいパンを焼いているかおりがしてくると、
ふと立ち止まってしまいます。

日常の中で、かおりに遭遇する、
そのかおりを記憶していく、それも成長のひとつですね。

小さいときからこのかおり、このかおり、
これはこんなにおいしいもののかおりと、
脳が覚えていると、自然と唾液が出てきます。
ちいさなことかもしれないけれど、かおりのくりかえしが、
人間の本能に結び付くと自然とうまく体をコントロールしてくれているようです。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)6

第6号 1滴のかおり (HP移転のため、再投稿です)

ダマスクローズ、ダマスクローズね。
とつぶやきながら、少しうとうと、
リラックスをしてハンドトリートメントを受けてくださった方。
今日は緩和病棟での、ハンドトリートメントの日でした。
アロマをたのしみにしてくださっていたその方は、
かおりを選ぶときに何があるのかしらと、興味深く耳をかたむけてくれました。
柑橘系と、すっきりした森林系と、ローズが・・・とわたしが説明をし始めた瞬間、
ローズにするわ!とにっこり即答してくれました。

オイルに1滴入れたダマスクローズのかおりは、
みるみる部屋にいっぱい広がって、
その方も深呼吸をしながら、目を閉じて、
かおりとトリートメントを感じてくれていました。

どうもありがとう。ダマスクローズ、ダマスクローズ、本当にいいかおりね。

お部屋に入ったときとは、印象が違うくらい、
ぱっと明るい表情を見せてくれました。
ハンドトリートメントのときも、次第に手の力を抜いて、
こころを預けてくれているようでした。
わたしはそんな瞬間が好きです。

人と人がつながって、こころとこころがつながって、
トリートメントの間という短い時間ですが、
一緒に同じ時間をすごして、
にっこりと笑いあえる、その瞬間がとてもうれしいです。

ローズ 学名:Rosa damascene
こころには、鎮静、リラックス作用、ストレスに、など。
からだには、強壮、特に女性の身体に作用が高い(生理痛、更年期障害、月経前症候群)、など。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)5

第5号 こころの雨を☀にする? !(HP移転のため、再投稿です)

はげしくなったり、しとしとになったり。
今日は一日を通して、雨が降り続いています。
雨がいいって日も、ときどきはありますが、
雨がいいっていうとなんだか大人ぶっている感じがしてしまうのは、
やっぱり素直にいうと晴れが好きだからかもしれません。

やっぱりすっきり晴れた空がなんて言っても、すき!
そんなことを言っても、天気を変えてしまえる特殊なパワーを持ち合わせてはいないので、
気持ちをコントロールする術が必要ですね。

なんでも最近は、ストレスをコントロールする方法を第一に兼ね備えておかないと、
生きてゆきづらい世の中になってきたのかもしれません。
自分をよく見つめて、自分は何が好きで、
何がたのしいのかを知っておいたら、
気持ちが楽になって、しあわせを感じて生きていけるのかもしれません。

これは、老若男女、みんな同じこと。
小さいことでも全然いいから、日常の「しあわせ~」をなるべく感じられるように、
自分をよく知る必要があるのではないかなあと思うのです。

かおりも「しあわせ~」を感じられる、自分のお気に入りをみつけたり、
自分はこんなかおりが好きなんだなと、
自分を知ることや振り返ることができたら、
こころがおなかいっぱいに、満たされるのではないでしょうか。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)4

第4号 こんこんこぎつねたち!(HP移転のため、再投稿です)

だんだん寒くなってきた朝晩。
うって変わってお昼くらいは、半そでがいいくらいまだ暑いね~と、
すれ違うおかあさんたちと毎日話しています。
こんな時期だから、気をつけてはいるものの、
体調は敏感に変化しますよね。

わが家でも一番下のちびっこが、一番最初に「こんこん」とせきをし始めました。
そして数日後、一番上のおねえちゃんが「こんこん」いい出しました。
あらあら、こんこんこぎつねだらけになるのは、時間の問題。

そんなとき、タッタラ~♪。ユーカリ! コアラの主食、ユーカリの出番です。

ユーカリ 学名:
こころには、精神強壮、シャキッとしたいときに、仕事の効率を上げたいときに、など。 からだには、のどの痛みやせき、鼻づまり、気管支炎などの呼吸器系のトラブル解消、関節炎、など。

別名:ブルーガムトリー。
からいガムのようなすっきりとしたかおりで、強力な殺菌作用や抗ウイルス、
解熱にいいとのこと。
だから、冬にかけていやでも流行る風邪やインフルエンザには、
もってこいの精油です。

「こんこん」と聞こえたら、ティッシュに数滴しみこませて、お部屋に置いておいたり、
寝室のまくらもとに置いておくだけで、だいじょうぶ。
すっきりとしたかおりにつつまれて、「こんこん」も聞こえてこなくなるようです。
無論、鼻が詰まっているこぎつねには、かおりは届いているかどうかですが、
呼吸とともにからだに届いているはずです。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)3

第3号 おつきさまがまんまるなとき!(HP移転のため、再投稿です)

どことなく涼しい風が吹いてきて、リーンリーンと虫の鳴き声がして、
ああ、秋だなと感じる今日この頃。
秋だなあと感じるのは、もちろん風を感じる肌から、鳴き声が聞こえる耳から。
それだけではなくて、ふんわり風に乗ってくるいろんなかおりからも、
秋が感じ取れるような気がします。
秋のかおりは、人それぞれ生きてきた中で、育ってきたかおりの感覚が、
秋を教えてくれるのかもしれません。

ちびっこたちは、まだまだかおりの勉強中。
季節の行事や季節の食べ物など、
いろんなかおりをいろんな体験から感じることで、
いろんな感覚が広がっていきます。

一緒につくって食べたお団子のおいしいあま~いかおり、
みんなでにこにこたのしかったな~と、
たのしい体験からいろんなかおりを収穫していってほしいな。と思う今日です。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)2

第2号 スポーツの秋だから!(HP移転のため、再投稿です)

先日の山登りの余韻がまだふくらはぎに残りつつですが、
みんなのからだとこころの健康を応援するには、
まずわたしが元気でないと!と、ガッツを入れて、
久々にいってきましたエクササイズ。

週1回は必ず鍛える!と改心して、
そしてスタジオのみんなに言ってまわって、
実行しようと必死であります。
そんな気合いのスイッチが入ったのは、
スポーツの秋の力もあるけれど、
なんてったってもっともっとよりよいトリートメントができるようになるために、
フットワークよく動けるようになるために、
体力維持もわたしの課題だとわかったからです。

ひと汗かくごとに、思い浮かびました。
汗の粒が出るさまは、フレッシュな柑橘の皮をむくときの、
さわやかなかおりの粒子が飛び散るさまとよく似ています。
(実際の汗はそんなさわやかではありませんので、あしからずですが)
まさにスポーツのときにぴったりな、甘ったるすぎず、
フレッシュで、かつ、さわやかなかおり、 さて、なーんだ?
答えは、グレープフルーツです。

グレープフルーツ 学名:Citrus paradisii
こころには、リフレッシュ、幸福感をもたらす、緊張感をほぐす、ポジティブに、など。
からだには、脂肪燃焼、血液やリンパの流れを促進、デトックスを促す、など。
疲労感の減少や、睡眠の質を上げるという実験結果も得られているとのことです。
(japan journal of aromatherapy vol.15,no.1,2015)

スポーツの最中も、スポーツの後も、芳香浴で深呼吸するのも、
トリートメントに使用するもよしな、この秋に大活躍しそうなグレープフルーツのかおりです。
ビタミンCたっぷりなので、どうせなら疲れたからだの中へもごほうび!といわんばかりに、
そのまま生のグレープフルーツにかぶりつくのも、いいかもしれません。
(高血圧の薬を服用されている方は、お薬との相性がよろしくないので、
精油の使用や果実の摂取等をお控えください。柑橘系で高血圧の薬に影響がないとされ(参照:ヘルスケア大学web)、
代わりになるおすすめのかおりは、レモンやマンダリンオレンジです。

1・2・3新聞(アン・ドゥ・トロワしんぶん)1

第1号  秋のかおりやってきました!(HP移転のため、再投稿です)

登山をした帰り道、気持ちよい足の疲れ具合で、
家族みんなでのんびり歩いていたところ、
ほんわりと上からおりてきたのは、こんなかおりでした。
あまーく、こどものころの夕暮れの帰り道、
もしくは、すがしがしくからっとした空のもと、
自転車に乗ったときに、ふとかおるおいしい風、
さて、なーんだ?

答えは、きんもくせいです。
オレンジ色のちっちゃな小花がいっぱい咲いて、
秋風にかおりを運んでもらっている、
こんもりとした木が道のそばに並んでいました。
そう、ノスタルジックな気分全開にしてくれる、
きんもくせいのかおり。
みなさんのご近所にも、咲いているところがあるかもしれません。

エッセンシャルオイルはあるのかなと、ふと思いまして、
調べましたところ、ありました!

きんもくせい 学名:Osmanthus fragrans
こころには、リラックス、安眠、不安や緊張するときなど。
からだには、胃痛、胃炎の緩和、関節炎など。 食欲を抑える報告もあるとのことです。

しかしながら、希少なエッセンシャルオイルなので、
ただいませっかく秋だから、旬なかおりをお散歩しながらたのしんじゃいましょう。
かおりを感じながらのお散歩は、こころもからだも元気にしてくれます。
さて、今週末はどこへいこうかな~と、
まだ月曜日なのにすでに土日気分です。
今週一週間もはりきっていきたいですね。